メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

チェーン義務化の正誤

お元気様です。スタッフ西村です。

 

今年の冬はなんだか暖かいですね。

「暖冬」という言葉さえ通り越したような、

そんな小春日和が続いています。

 

 

そんな季節感のない冬ですが、

昨年の12月10日に発表された車両チェーン義務化。

ご存知ですか?

けっこう重要なニュースなんですが、

あまりメディアでは取り上げられていないようですね。

ここで間違わないで欲しいのですが、

「スタッドレスタイヤが使えなくなる」

「雪道では常にチェーンを装着しなければならない」

 

・・・わけではありません。

 

 

 

国交省は「タイヤチェーン義務化」の内容とは、

大雪時に立ち往生の危険性が高い区間をチェーン義務化とするもの。

としています。

ず~っとチェーンを巻いてないといけないというわけではないんですね。

あー、良かった。

自分もチェーンなんて自分のクルマに巻いたことありません。

 

 

対象となる地域は、具体的には全国で13区間。

チェーン装着が義務づけられるのはこの13区間のみ。

そして、これが適用されるのは

異例の大雪に関する特別警報や、緊急発表

が出された時のみだそうです。

普段はスタッドレスでも走行できますよ。

 

 

四国で言えば、

国道56号線(西予市宇和町~大洲市松尾)の約7kmの区間ですね。

古くから難所と言われてきた鳥坂峠を抜ける国道です。

 

 

2018年に発生した大雪による大渋滞で

物流が停滞した件を受けての義務化ですが、

違反した場合は

6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が

課せられるそうです。

 

温かい日が続いていつとはいえ、まだ2月。

ドカッと寒波がやってこないとも限りません。

 

雪の山中に取り残されることを避けるためにも、

該当区間を走行される方はお気を付けください。