メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

ちょっとしたことで…

コバック東みよし店の吉田です。

TOKIOの山口さんが大きな事件を

起こしてしまいましたね。

カッコよくて面白いところが

僕も好きなんですが

ニュースを見た時は本当に

ショックでした。

ちょっとしたことがキッカケ

大きなトラブルに繋がるなと

改めて思いました。

 

 

普段使っている車でもちょっとした

ことがキッカケでトラブルに繋がります。

今回は「水漏れ」についてお伝えします。

 

 

 

車に使われる冷却水は文字通り

エンジンが焼きつかないように

冷却するためのものです。

この冷却水の中には「錆び止め剤」

「凍結防止剤」が含まれています。

これらは年数が経つと少しずつ薄く

なってしまうために2年ごとの交換が

必要です。(※車によっては7年、11年もつ

長寿命の冷却水が使われているものも

あります。)

 

 

この冷却水の交換を怠ると水が錆びて

しまい、水漏れの原因となり最悪

エンジンが焼き付きます。

そうなると車は走ってくれません。

エンジン載せかえとなると30万~

費用が必要です。

ですので定期的に冷却水を交換する

ことでトラブルなく快適に走る

ことが可能になるんですね。

 

 

 

先日H9年式のライフの

ラジエータの交換をしました。

ラジエータとはエンジンを冷やす

冷却水が入っているところです。

このラジエータから水が漏れて

いたので交換しました。

今回はエンジンオイル交換の際に

下周りに冷却水がたれていたので

早期発見となりました。

このまま漏れた状態で走行

すると当然エンジンは焼きつきます。

 

 

 

上の写真の赤で囲ったところは

プラスチック製の樹脂素材で

出来ています。今回冷却水は

錆びていませんでしたが

樹脂素材の経年劣化でヒビが

入ったのが原因で水漏れとなりました。

 

 

大切に長く同じお車を乗って

いらっしゃる方

または冷却水をいつ交換したか

覚えていない方には1度

水まわりの点検をおすすめします。

ちょっとした点検がおおきな

トラブルを防いでくれるんです。