メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

MIRAIへ向けてふくらむ期待

お元気様です。スタッフ西村です。

 

例年になく寒かったこの冬でしたが

平昌オリンピック、パラリンピックも

3月18日に閉幕を迎え、寒さに負けない

様々な熱いドラマが数々生まれましたね。

 

21日にはカーリング女子の

祝賀パレードが開かれたり、

所属するチームLS北見の本拠地

北海道北見市ではふるさと納税の

納税額が急増したりと、大会後も

大きな賑わいとなっています。

 

 

日本勢にとって何かと明るい話題の

多かった今大会に続き、2020年には

東京オリンピックが開かれ

今から期待が膨らみます。

ぜひ成功させてもらいたいですよね。

 

 

2020年の東京オリンピックといえば

大友克洋監督の映画「AKIRA」でも

2020年に開催される東京オリンピック

を目前に控えた2019年が物語の舞台

となっていますね。

 

そんな「AKIRA」の主人公金田さん

(さんをつけないと怒られます)

の免許取得日が2018年3月17日だった

そうです。

 

 

この金田さんの乗るバイクが、作中では

登場人物たちの力のシンボルやあこがれ

として描かれているのが印象的でした。

 

セラミックツーローターの両輪駆動

コンピューター制御のABS

1200回転時で200馬力発生

というとんでもないスペックのバイク

だったわけで、作中でも、金田さん

以外は乗りこなせないといわれていた

バイクでした。

 

現実ではこんな化け物バイクはまだ

開発されていませんが、

電動バイクや電気自動車の技術の

進歩はめざましく、日産リーフでは

急速充電40分で80%まで充電可能

一回のフル充電で約400キロ走行

が可能です(カタログスペック)

 

現在のところ、全国で約28,500基の

充電スポットがあるそうですが、

2020年のオリンピックまでに

どれだけ増やせるのか。

はたまた、電気よりも水素燃料を

動力とした自動車が普及するのか。

 

 

現実の世界でも、フィクションに

追いつけ追い越せと、進歩していく

技術のミライに期待がふくらみますね。