メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

新年に、新しいスペーシア

お元気様です。 スタッフ西村です。

 

年末年始、皆様いかがお過ごしでしたか?

ゆっくりできた方も

そうでなかった方も

そろそろ新年の生活にも慣れてきたころでしょうか。

 

 

自動車業界でも、年末年始にかけて

様々な動きがありました。

 

その一つが、12月14日

スズキ「スペーシア」の

モデルチェンジです。

 

 

それに伴い、

予防安全技術

「スズキ セーフティ サポート」を採用し、

安全装備を充実させました。

衝突被害軽減ブレーキ

「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、

 

軽自動車で初めて

後退時の衝突被害軽減ブレーキ

「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、

前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備しました。

 

ようするに

前にも後ろにも、ぶつかる危険が減りました!

 

さらに、フロントガラスに進入禁止の道路標識や

車両情報などをカラー表示す

ヘッドアップディスプレイがあります。

クルマがこんな標識を見つけて、

運転手に教えてくれるんです。

かしこいですね~。

 

さらに

周囲を立体的に360°確認できる

「3Dビュー」を軽自動車で初採用するなど、

安全運転を支援する機能を充実させています。

 

もうなんだかわからないけど、

とにかく安全装備が充実しまっくてます。

 

新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」は、

経済産業省や国土交通省などが普及を推進する

「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当するんですね。

 

性能だけでなく

「スペーシア」は「ワクワク」を、

「スペーシア カスタム」は「圧倒的な迫力と存在感」を表現した、

デザインも魅力的!

 

もちろん両側スライドドアや

低い床面など

日常でも使い勝手も万全。

 

新年のスタートに

新しい「スペーシア」

いかがですか?