メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

衣替えのタイミング

 

コバック東みよし店

スタッフの吉田です。

 

 

 

すっかり朝晩も涼しくなりましたね。

僕の場合朝はちょっと

肌寒く感じます(ブルブル)

 

 

 

涼しくなってくると

皆さん衣替えをしますよね?

車のタイヤも冬場になると

夏用タイヤから冬用タイヤへと

交換される方も多いと思います。

 

この冬用タイヤへの交換

皆さんこんなタイミングで

してないですか?

 

 

 

 

雪が降ってきたから交換する!

 

 

 

 

これって実はタイヤによっては

危険なリスクがあるんです!

どのようなリスクがあるかと

いいますと

事前に買っておいた新品の

冬用タイヤがあるとします。この新品の冬用タイヤを

そのまま使用すると、実は

冬用タイヤとしての性能を

フルに発揮できないんです。

 

 

 

ではどうすればいいのでしょう。

 

 

 

 

それは事前に

慣らし走行を行うこと!

この慣らし走行というのは

冬用タイヤを車にはかせて

100kmほど走ってあげることを

慣らし走行といいます。

 

 

 

しかし、なぜ雪道は滑るのか

ご存知ですか?

 

滑る原因を

日常のもので例えますと

冷凍庫の中の

この氷をまな板等でちょっと

した坂を作り、上に置いて

みてください。

しばらく経って

氷が溶け出すと、滑って

しまいます。

なぜ滑るのかといいますと

この氷が溶けた水によって

氷がまな板から浮いてしまう

から滑るんですよね。

 

 

 

ブリジストンの

冬用タイヤのBLIZZAK(ブリザック)

発泡ゴムという特殊なもので

作られております。

このゴムの表面を

スコープでみますとこのようになっておりました。

 

 

 

先ほど僕がいいました

慣らし走行をしたタイヤの

表面はこのようになってました。

まるでスポンジみたいに穴が

空いていますよね?

この穴があるからタイヤと

路面の間に水が

溜まりにくくなるので

冬道でもしっかり

止まれるんです!

 

 

他にもタイヤのミゾの量

タイヤのゴムの硬さなど

タイヤの状態によって

安全性が変わります。

 

 

 

11月からタイヤのキャンペーン

も行います。

この機会に是非お越し下さい。

 

 

 

早めの冬用タイヤへの交換で

安全、安心に運転して下さい。