メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

決定的瞬間をおさえる!前編

はいぃー、逢坂でございますヽ(・∀・)ノ

 

今日はドライブの「もしも」をサポートをして

くれるアレをご紹介します♫

 

 

それは、「ドライブレコーダー」です!

皆様、最近よく見かけたり、聞いたりすることも

あると思いますがドライブレコーダーをご存知ですか?

 

 

ルームミラー型や、フロントガラス貼り付け型等が

あり、エンジンが始動すると搭載された

カメラにて前方を録画記録をします。

信号待ちや走行中も録画し続けます。

 

 

「なんで録画なんてするの?」

っと言ったご質問も頂きます

私も初めはそう思っていました。

 

 

それは録画をすることで、冒頭の「もしも」の

事故等に備えることができるからなんです!

 

 

以前に、当店のお客様でドライブレコーダーを

装着されていた方の実際のお話しをご紹介

します。(お話し上、A様とします)

 

A様は信号が青になり、十字路を発進しました。

すると、右より信号無視で車が侵入してきて

接触事故になりました。

右の前後ドアはベコベコです(大汗)

運転席ドアでしたが、怪我はなく幸いでした。

 

 

ここまで聞くと、A様ではなくお相手側が悪い事故

ですよね?

しかし、お相手側の主張は違いました。

お相手側が青で、A様が赤信号である!

と警察に話されたそうです。

 

目撃者は無く、通常は双方の言い分での

過失争いになってしましますが、A様のお車には

ドライブレコーダーが搭載されており、コレが

全てを物語っていました

 

 

A様も、「ドライブレコーダーがあって良かった」

と話されていました。

 

人間は咄嗟のことをよく覚えてないものです。

事故を起こされた・起こした際に、全てを記録

しておく事が、後に役立ちます。

 

なので、人気があるんですね♫

 

長くなりましたので、明日の後編へ続きます♫