メール予約・お問合せフォーム・ご予約カレンダーはこちら

もしものために、その②

はいぃー、どうも逢坂でございますヽ(・∀・)ノ

 

今日は、先日お話ししました

「もしものために」のその②です。

 

万が一の大雨での浸水や

津波での水没時に

シートベルトカッターで

シートベルトを切った後の事を

考えてみます。

 

 

浸水や水没時は電気系統の

故障でパワーウインドウは

作動しなくなると思われます。

 

さらに、水圧でドアが開かなくなります。

 

こんな時あなたならどうしますか?

 

力の強い男性の方なら窓を叩いて

割る事もできるかもしれません。

しかし、大怪我は免れないと思います。

 

女性の方は?

お年寄りの方は?

 

考えると怖いですね。

 

そんなもしものために、こちらを

ご紹介します。

 

この鋭い先でガラスを割る器具です。

助手席の足元にある発炎筒に

ガラス破壊器具を取り付けます。

 

元々ある発炎筒に取り付けますので

邪魔になりません♪

 

 

そしてこのように、ガラスに垂直に

突いて割ります。

 

割ることで脱出を容易にします♪

簡単な使用動画を撮りました。

こちら↓をクリック。

 

ガラス破壊具付き発炎筒 使用動画

 

 

簡単に割れてましたね♪

これなら、女性の方もお年寄りの方も

安心できますね。

 

車を運転していると、何が起きるか

分かりません。そんな、「もしも」に

備えましょう!